法人税法

お中元は節税手段

目安時間 2分
  • コピーしました

お中元の取引資料が出てきた時
法人税法の問題では「交際費」の論点となり

消費税法の問題なら軽減税率の判断の論点となるところですが
実務上では節税手段という考え方もあるようです。

 

 

サラリーマン同士のお中元の送り合いは
ただの付き合いでしかありませんが

 

事業者同士であれば経費として処理ができるんですよね。

自分で買って自分で消費すると経費にすることは難しいですが

 

事業者通しでの送り合いは

「得意先・仕入れ先その他事業の関連のある者等に対する贈与」として
交際費にできるというわけですね。

 

年800万年まで、という制約はあるものの
賢い人たちはこういった制度を上手に活用して
生活を豊かにしてるんですね(`・ω・´)

 

スポンサーリンク




  • コピーしました

 この記事に関連する記事一覧

タケシ

タケシ

苦労して税理士試験に挑戦してきた過程で身につけた知識やノウハウをまとめていきます。

カテゴリー
楽天
応援よろしくお願いします!