第71回税理士試験

令和3年度税理士試験

目安時間 3分
  • コピーしました

令和3年度税理士試験も無事終了しました。

例年猛暑日の中の試験というのが当たり前といった感じでしたが

今年に関してはわりと過ごしやすい天候だったかと。

(1日目はスコールありましたwあと東京の場合です)

 

成蹊大学では門を通ってすぐに検温のチェックがあり

吉祥寺駅から歩いてきたばかりの人間にとっては

ちょっと焦る関門でもありました。

 

15分も歩けば体温も上がっちゃいそうな気がしますし

37.5℃を超えると受験できないですからね(^^;)

 

で、無事検温を通過しても

なかなか受験の教室へは入れず外でまたされる

というパターンでした。

 

今年も各科目ともいろいろツッコミどころは多かったようです。

簿記論では個人商店の問題が出たと思ったら

次は連結が出て、在外支店、と

幅広く力が試された内容だったようです。




 

法人税法は3年前に改正というか、新規の条文として加わった

22条の2が理論でベタ書きでしたね。

たぶんみんなそこは押さえてるハズなので

事例問題でいかに稼ぐか、と

寄付修正のベタ書きを正確に書けたかがワリと合否を分ける気がします。

グループ法人税制の一部を出してくるあたり

グループ通算税制導入の挨拶代わり的な出題にも見えますね。

露骨な連結納税の出し逃げの線もありましたけど。

 

消費税法はなんと電子情報処理組織による申告の特例が出題されてました。

ペーパーレス化の流れは前からありましたけど

この論点、出るとしたら法人税法かな、と思ってたんですけどね。

あと、計算は複数税率がウザい上、準ずる割合も検討しなければならず

また、個別問題で居住用賃貸建物の調整まで出てるという。

わりと直近の改正論点をいろいろぶっこんできてるところは

昔の消費税法の試験とは大きく変わってきたな、という印象です。

 

ツイッターやインスタグラムを見ると

ホントいろんな感想が上がってますね。

税理士試験の受験者数が減少しているとはいえ

今週のツイート数とかは税理士試験関連ネタ多かったんじゃないでしょうか?

 


  • コピーしました

 この記事に関連する記事一覧

プロフィール

苦労して税理士試験に挑戦してきた過程で身につけた知識やノウハウをまとめていきます。

カテゴリー
集中力を高めるアイテム
人気アイテム
Amazonで取り寄せ
究極にリラックスするなら
ブログランキング
最近の投稿
ふるさと納税
利用しないともったいない制度ですね

アーカイブ