簿記論

たいていの受験生がまず最初に受験する科目です。

 

唯一、理論の問題がない計算のみであるという特徴があります。

仕訳をきり、数字を集計するという、

税理士として必要なスキルが試される科目とも言えます。

 

財務諸表論との相性もいいので同時に勉強する人が多いですね。

簿記論は理論が無いと言いましたが、一部簡単な記述が求められた年がありました。

 

ですので、財務諸表論で文章の書き方の練習が生きてくるとも言えますし

会計処理の根拠を理論的に抑えることで理解も深まるので

財務諸表論とセットで勉強することはおすすめです。

 

スポンサードリンク


 

合格するコツは苦手論点を作らないこと。

簿記論は配点に傾斜がかかると言われているので

みんなが正解できるところは確実に得点する必要があるんです。

 

この辺は書くと長くなるのでまた後日。


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

U-NEXT