理論の暗記方法

TACで勉強している場合

 

理論マスターをとにかく頻繁に読むことですが、

コツがあります。

 

句読点とか文節とかでスラッシュ「/」を入れていき

そのかたまりずつ覚えていき、

その後文章をそのまま思い出す作業をします。

 

あとはハガキ等で文章を隠しながら

思い出して確認、を繰り返します。

 

これが基本です。

 

その後書く作業です。

書くと意外と漢字に躓いたりします。

また書く作業で定着しやすくなります。

 

上の覚える作業をすっ飛ばしていきなり書く作業はやめた方がいいです。

作業量のわりに覚えられないもんです。

気づいたら写経になってたりするんで。

 

さらにTACでは理論CDなんかもありましたので

それを活用すると盤石かと。

(一応言っておきますが、私TAC側の人間ではないですよ(笑))

(でもTACにかなりお世話になってるんでどうしても勧めたくなりますが)

 

あとは答練には必ず出席すること。

 

勉強が不十分だからという理由で欠席すると

非常に損します。

 

理論暗記が不十分だったとしても

覚えてる範囲でどれだけ点がもらえる解答をつくれるか?というスキルも

本試験を見据えるとかなり大事なんです。

 

実際に問題を答練の時間内で読むことも非常に重要で

その緊張感の中で解くだけで強く印象に残ります。

 

問題を解いた後に理論マスターやテキストを読むと

面白いことに、どんどん頭に入ってくるんです。

 

通信生の方でTACの校舎が近い方は

スクーリング制度を活用して一回でも多くの答練を教室で受けることをおすすめします。

 


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

U-NEXT