リバースチャージ方式

今年から消費税法の税理士試験では

リバースチャージ方式が要注意とされています。

 

 

まず、国内取引の判定が

役務の提供を受ける者の住所、居所、本店若しくは主たる事務所の所在地が

国内にあるかどうか、になります。

 

 

そして国内取引に該当したら、

次は課税標準と仕入税額控除の計算に入っていくわけですが、

 

まず、支払対価の額が課税標準に含まれます。

そしてその支払対価の額の6.3%相当額が課税仕入れ等税額に含まれます。

 

 

両方とも税抜き処理は必要がないですし、

売上と仕入の両建てのような感じなので

計算してると少し違和感を覚えることも(^^;)

 
スポンサードリンク




コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

U-NEXT