優先順位を意識する

大手資格予備校の通常のカリキュラムも

そろそろ終了するタイミングかと。

 

この時期にやってしまいがちなこと

Sponsored Link




周りが「答練を○回繰り返した」とか聞くと

どうしても、同じように答練を解きたくなりがちですが、

 

本試験までに使える時間を考えると、

必ずしも正しい戦略とは言えなかったりします。

 

答練はあくまで苦手論点を炙り出すための作業の要素が強く

もうすでに得意な部分まで再度解き直すことになってしまいます。

 

答練の勉強をするとしたら、返却された答案で

ミスをしたところや、付すべきコメントの失念した箇所などを

ピンポイントで見直していくことの方が効率がよいかと。

 

優先順位を意識する

Sponsored Link




この時期に大事にすべき考え方はやはり

優先順位を意識することかと。

 

科目にも依りますが、

全く書けない理論を無くすことであったり、

 

出題可能性が非常に高い問題の計算パターンは

確実に押さえておく、とか。

 

理解が不十分な論点でも

暗記でとりあえず凌ぐことも必要だったりします。

 

出題されたら確実に獲る論点

ある程度爪痕を残すべき論点、

とっとと次へ進むべき論点

 

などを今のうちから想定しておくことも大事ですね。

 
Sponsored Link




 


コメントは受け付けていません。

U-NEXT