月次監査

税理士なのになぜ「監査」という文字が使われるのか?

 

正直よく分かりませんが、会社の経理担当者さんの経理処理が

正しいかどうか、売り上げが漏れてないか、認められる経費かどうかを

 

税理士や会計事務所の職員が訪問した際にチェックするところから

監査と言われているのかもしれないですね。

 

いろんなものを経費にしたがる会社もあるので

会計事務所としては毅然と、「この経費はNGですね!」と言えるためにも

「監査」という言葉は適していると言えば言えますけどね。

 

会計事務所にも依るんでしょうけど

通常は訪問した際に、経理処理のチェックと請求書・領収書の突合、

契約書等で取引の実態の把握をまずはやりますね。

 

その後に社長や経理担当者の方と話をしながら

今後の見通しや納税スケジュールの確認等をしていくわけです。

 

正直、経理のチェックよりも社長たちとの話の方が大事なことが多いです。

大きな買い物の予定があったりすると、消費税の計算方法を変える届け出を

する必要が出てきたりするんです。

 

この辺りは後日深く書いていきます。

私自身の備忘録的な意味でも書いといた方がいいので。

 

 

あとは業種別でいろいろやることはありますね。

給与計算のチェックとかも頼まれたりします。

 

具体的には、社会保険の料率変更があったときとかに

給与計算ソフトの設定を変更してあげたり

月額変更届の作成まで手伝ったり、と、まあいろいろあるわけです。

 

 

税理士業務以外のこともいろいろ出てきますが

トータルでサポートしてあげることで信頼されますし

こちらとしても勉強になり、やりやすくもなるんですね。

 

こういった付随業務についても後々書いていく予定です(・∀・)b

 

 
スポンサードリンク



 


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

U-NEXT