改正論点 対策

仕事では当然完璧を求められますから

法律改正はしっかりと理解するのは当たり前で、

 

クライアントに分かりやすく解説できるレベルの税理士が

今後食っていける側になると思う今日この頃。

 
スポンサードリンク




税理士試験に向けて、直前期に入り

改正論点も網羅し始める頃かと。

 

先ほど、仕事では完璧を求められると言いましたが、

 

試験では、要領が求められると思うんです。

 

 

もちろん、完璧な解答ができれば

それに越したことはありませんが、

 

時間内に解くという制約の中では、

 

時に捨てる、あるいは最低限の言及に止める、

というやり方が必要だったりします。

 

今年の法人税は本当に改正項目が多いです。

 

まずは全体をザックリ押さえた上で

 

どこまで掘り下げるかを考えて勉強するのが効率的かと思われます。

 

試験研究費の特別控除、

あれ全部答案用紙に書いていったら

 

時間どれぐらいかかりそうですか?

 

そう考えると、解答範囲もおのずと

絞られて来ますよね?

 

 

受験生は受かるための勉強をしましょう!

 

実務家は完璧な仕事をしましょう!

 

 


コメントは受け付けていません。